認定こども園とは「教育基本法」の第6条に定められた「学校」です。児童福祉施設と学校の二つの顔を持つ、これまでにない新しい施設となります。

認定こども園は「幼保連携型認定こども園」「幼稚園型認定こども園」「保育所型認定ども園」「地方裁量型認定こども園」の4種類があり、いわでやま幼稚園は、最も認可基準が高い「幼保連携型認定こども園」へ移行しました。

平成31年4月より認定こども園、開園

0歳児(おおむね10ヶ月以上)〜5歳児まで入園できます

7:00〜18:00まで保育できます

働いている保護者のお子さんのご利用を歓迎いたします。

幼保連携型認定こども園

幼稚園と保育所の一体型施設になりました

これまでの幼稚園に新たに保育所としての機能が付加されるので、就労の有無にかかわらず、すべての保護者様にご入園いただけるようになりました。教育内容もより充実させ、今後より一層の幼児教育を推進します。

自園調理を提供します

調理室を新たに整備しました。自園での給食調理がスタートです。暖かくて、栄養バランスの良い、美味しい給食を提供いたします。

園舎の増築と既存園舎を改修し、新しい環境へ生まれかわりました

0〜1歳児の保育室と給食施設等を新たに併設しました。また、既存園舎も改修いたしました。これにより、これまで以上に幼児教育を実施するための環境として、整備しました。

子ども子育て支援新制度について

平成27年度よりスタートした制度であり、日本の子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の拡充や質の向上を進めていくことが期待されています。具体的には以下4つの取り組みを基本としています。

  1. 幼稚園と保育所のいいところをひとつにした「認定こども園」の普及を図ります。
  2. 保育の場を増やし、待機児童を減らして子育てしやすい、働きやすい社会にします。
  3. 幼児期の学校教育や保育、地域の様々な子育て支援の量の拡充や質の向上を進めます。
  4. 子どもが減って来ている地域の子育てもしっかり支援します。